翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメヒカゲ:ススキの広がる高原にて

若干の時期遅れかなと思いつつ、ヒメヒカゲの生息する高原へ。予想通りでピークを過ぎ気味ではあったが、広々としたススキの草原で数頭のヒメヒカゲに出会うことが出来た。

2013.08/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

ヒメヒカゲ:ススキの広がる高原にて
ヒメヒカゲ/チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科:800x600pixel

ここで見られる本州中部亜種は、環境省レッドリストで絶滅危惧IA類(CR)である。”ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種”と言う最も高い位置付けになってしまっている。

ヒメヒカゲ:ススキの広がる高原にて
別の個体が何度かV字開翅をしてくれたが、翅表はやや擦れている

ヒメヒカゲ:ススキの広がる高原にて
こちらは、レンゲツツジの葉で休止中

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

朝露 

朝露に濡れた蝶撮影出来たんですね。羨ましいです
朝早いと開翅、交尾など見られると聞いてますが
我が家からだと時間的にむりが。。。
発生地近くの宿を取りだと可能かも
近場の発生地は、岡山、広島。確実な場所は広島
お盆の頃が発生のピーク。無理。中国道めちゃくちゃ混みます。
次は、何を撮影されるのか楽しみです。
ムモンアカかなぁ?
  • posted by ka-ko 
  • URL 
  • 2013.08/16 08:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ka-koさん
ようやく、まとまったゴマの撮影が出来ました。
やはり、早朝だとチャンスが多いですね。
日が高くなってくると、活発に飛び舞ってくれて大変です。
ムモンアカシジミの撮影も出かけてはいるのですが、
全く見当たらなくて、今年は逃してしまうかも。(汗)
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2013.08/16 22:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。