翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

オオムラサキ:擦り切れた翅

郊外のクヌギ林を散策。大木の樹液には、カナブン、スズメバチ、そして、国蝶のオオムラサキ。新しいオオムラサキのポイント発見となったが、樹液の位置が撮影するにはちょっと高い。

2013.08/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

オオムラサキ:擦り切れた翅
シーズン終了間際で、オオムラサキはどれも擦れ個体

オオムラサキ:擦り切れた翅
オオムラサキ/チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科:外付けストロボ使用

樹液の近くに翅がボロボロに擦り切れた♂が舞い降りてきた。こんなにも翅が傷んだ状態でよく飛べるものである。この♂は、交尾相手を見付けることが出来たのであろうか。果たして、後、何日生きられるのだろうか。と、いろいろなことを考えてしまう。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック