翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒメシジミ♀:3頭寄れば

かしましい。

2013.06/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

ヒメシジミ♀:3頭寄れば
ヒメシジミ・♀/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科

ああ、とてつもなく近寄りがたい。(笑)

ヒメシジミ♀:3頭寄れば
♂はと言えば、1頭のみでシダの上

何てことはちっとも無く、♀にちょっかいを出そうとする♂は、相変わらずたくさんいるのである。けれど、交尾シーンは前回撮影に来たときよりも少なく、また、擦れた個体も多くなってきた。この地域でのヒメシジミ発生のピークは、過ぎてしまった印象である。この後は、7月中旬に発生する高山型のヒメシジミに会いにいくのも良いなと思う。

壁紙でも作ろうかと思って、それを意識した構図で撮影してみた。けれど、シダとヒメシジミの組み合わせは、種としてのイメージと少し違うかな。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

高山型? 

ヒメシジミ三昧。羨ましい限りです。
ヒメシジミは、本当に長野県には沢山いるみたいですね。
ヒメシジミ高山型?ているんですか?
また一つ宿題が増えました。
明日から「オオムラサキ」に遭いに山梨北杜市に
そう後は、上高地に
いい出遭いかあるといいのですが
  • posted by ka-ko 
  • URL 
  • 2013.07/01 09:40分 
  • [Edit]

高山帯にも 

>ka-koさん
信州在住者は、ヒメシジミ撮影では贅沢をさせて貰っていますね。

ヤリガタケシジミ(アサマシジミ)のように明確に高山型と位置づけされている訳では無いですが、亜高山帯と高山帯の間くらいに1ヶ月ほど遅れて発生するヒメシジミがいます。

ヤリガタケシジミと同じ場所にもいますので、見付けた時に早合点してぬか喜びしないように注意して下さい。良い出会いがあって欲しいものですね。

7月の上高地は、私も今年はトライしたい場所ですね。時間が作れるかちょっと怪しいのですが・・・。
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2013.07/01 21:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。