翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリシジミ:ゼフっぽい雰囲気で

この時期に、低山のほの暗い林内で出会うルリシジミには、ゼフィルスではないかとハッとさせられることが多い。露出を意図的にアンダーにして、外付けストロボで翅裏の銀色を浮き上がらせるように撮影。

2013.06/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro・FL-50R

ルリシジミ:ゼフっぽい雰囲気で
ウラゴマダラシジミモドキ(笑)/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixel

ね、ゼフっぽい雰囲気があるでしょ。

ルリシジミとゼフィルスのウラゴマダラシジミは、翅表の模様も含めて外見がよく似ている。ウラゴマダラシジミは、ゼフィルスとして分類されていなかった時もあり、また、ゼフィルスの中では進化レベルが低いとされている。果たして、この2種のシジミチョウは、DNA情報や進化の過程でどれくらい近似の位置に存在しているのだろうか。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

今のルリシジミは梢に止まっていて、別のルリシジミが来たら、スクランブル発進して、お互いにバトルするところが見られますね。ゼフほどの卍飛翔でないにしても、あのシーンはゼフかと思って止まるまで待つことがよくあります。
  • posted by H.A. 
  • URL 
  • 2013.06/28 20:41分 
  • [Edit]

NoTitle 

>H.A.さん
春先に平地の畦道などにいるルリシジミとは、別の種に感じてしまいます。
ルリシジミの卍飛翔は、まだ見たことがないです。
次回以降のゼフ撮影の時に気にしてみたいと思います。
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2013.06/28 22:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。