翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオルリシジミ:田園にて

昨年は、人工飼育された個体が見られる場所に出かけたのだが、今回は郊外の田園地帯に舞う光景の見られる地域での撮影。

2013.06/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

オオルリシジミ:田園にて
オオルリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixel

今年は発生が早まってしまったとのことで、数が少なくてかなり探し回った。無事に綺麗な個体に巡り会うことが出来た。

オオルリシジミ:田園にて
最初に出会った♀は、翅の痛みが激しい

この後、食草のクララに産卵する様子が見られたので、しっかりと交尾済みなのだろう。

オオルリシジミ:田園にて
クララの上で開翅:Canon EOS 7D EF70-200mm F2.8L IS II USM

念のために持参しておいた7Dでの撮影画像。70-200mmだとあまり近づけないので、シジミチョウの撮影にはちょっと厳しい。サッカー撮影以外に生かし切れていないのは、随分と勿体ないと感じてしまう。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

オオルリシジミ 

私たちも先週はそちらのオオルリを見に行く計画でしたが、天候とクモツキに時間が撮られて安曇野にしました。
開翅の写真が撮れてないので今週再度撮ってこようと思いますが、まだ新鮮な個体が残ってますかどうか?
やはりマクロのほうが綺麗ですね。

発生状況 

>カーコのダンナさん
遅れて発生する♀には、新鮮な個体がいました。
水曜日ならば、間に合いそうな気がします。
70-200mmは、最短撮影距離が1.2メートルなので、
シジミチョウの撮影にはきついですね。
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2013.06/03 21:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。