翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロツバメシジミ:第1化発生

仕事が定時上がりとなったので、クロツバメシジミのポイントへと立ち寄ってみた。果たして5時過ぎに飛んでいるだろうかと思っていたが、日が長いことにも助けられ、西日が差す中を数頭のクロツバメシジミが舞っていた。

2013.05/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

クロツバメシジミ:第1化発生
クロツバメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科

第1化発生時は、食草のツメレンゲが小さく、どうしてもこのような石の上での止まり姿が多くなる。活動停止直前のため、ありがたくも頻繁に止まってくれる。せわしなく飛び回ってばかりの日中よりもかなり撮影しやすい。強い日差しの下で蒸し暑い思いをしながら撮影した昨年の苦労はいったい何だったのだろう。

クロツバメシジミ:第1化発生
最後にイネ科植物の穂先に止まってくれるサービス

前翅がややすぼまり気味となり、不活発になっているのが感じられる。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

クロツ 

これは梓川のポイントデスかね。この手のシジミはマクロが必要ですね。翅の輝きが綺麗にでてますね。月末には私も会えるかな。

レンズ 

>カーコのダンナさん
お察しのポイントです。(^^)
急勾配な石の斜面なので、想像以上にチョウに近付くのが難しいかも知れません。
マクロで近寄ると言うよりも、望遠ズームで引き寄せるイメージの撮影の方が良いような気がします。
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2013.05/22 22:17分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。