翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモマツマキチョウ:ミヤマハタザオにて

雨模様の休日を覚悟していたのだが、天気予報で午前中に晴れマークの表示。急遽、予定を変更して、クモマツマキチョウのフィールド踏査へと繰り出した。そして、幸いにも1頭のオスに巡り会うことが出来た。

2013.05/Canon EOS 7D EF70-200mm F2.8L IS II USM

クモマツマキチョウ:ミヤマハタザオにて
クモマツマキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科:800x533pixel

今回は、飛翔写真を考慮して7Dを持参した。クモツキは、飛び回るばかりでなかなか吸蜜に止まってくれない。そして、止まってもわずか1秒足らずで次の花へと移動してしまうカメラマン泣かせのチョウである。

結果として、飛翔撮影は惨敗。食草のミヤマハタザオ止まりを7Dでの撮影画像にて1枚。あれ、このレンズは、意外にも逆光時に周辺部で色収差が目立つ?やはり、7D用にマクロレンズが必要かなあ。

クモマツマキチョウ:ミヤマハタザオにて
こちらは、いつものチョウ撮影コンビ:OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macro

タンポポにて翅全開の吸蜜シーン。鮮やかなオレンジ色が眩しい。

クモマツマキチョウ:ミヤマハタザオにて
タニウツギらしき落葉低木で休止状態

午後になると完全に曇って気温が低下。この姿勢で全く動かなくなってしまった。じっくりと撮影出来るチャンスは滅多にないと思うので、フレームいっぱいになるように近づいて撮影してみた。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。