翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Archive [2015年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

メスアカミドリシジミ:遠かった緑の輝き

わずかに日差しが覗いた昼下がりに2頭のメスアカミドリシジミがテリ張りを始めてくれた。しかし、脚立を用いても満足のいく距離に近づけない。いずれの画像もトリミングにて。2015.06/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroメスアカミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixel背景の玉ボケが綺麗だっただけに近づけなかったのが悔しいドキドキするような新鮮個体近づけた方の個体は、左前翅が破れて多少擦れ気...

ウラゴマダラシジミ:今年の初ゼフィルス

毎年、1、2頭は出会えるのだが、いつもゼフシーズンが進んでからの擦れ個体ばかり。今年は初ゼフィルスで新鮮な個体との巡り合わせ。2015.06/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroウラゴマダラシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科これが独特の雰囲気で一番綺麗に撮れた画像かな。何とかV字開翅も撮ることが出来た。人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

アサマシジミ:食草のエビラフジと

昨年は、擦れ個体の証拠写真しか撮れなかったので、きちんと撮影しておきたかったシジミチョウ。オス数頭を確認出来たが、発生の早いものは既に擦れ始めていた。2015.06/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroアサマシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科食草のエビラフジにとまってエビラフジの花での吸蜜シーン真上から背景を意識してこの手の個体数が少なく、撮影チャンスを多く持てない種類は、いつも証拠写真のオンパレー...

ヒメシジミ:翅表の見える交尾

たくさんのヒメシジミが舞うフィールドへと出かけてみた。そして、いくつかの交尾シーンに出会うことができた。2015.06/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroヒメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科オスの青い翅表が見える瞬間を慎重に狙っての撮影。人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。