翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Archive [2014年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

オオルリシジミ:ハイキー調に

人工的な環境に舞うオオルリシジミ。ここを訪れるのは2年ぶりである。前回来たときには、池の畔にいかにも植えましたという感じに食草のクララが生えていて、その周囲は大半が芝生で吸蜜出来る花が少なかった様に記憶している。現在は、その周囲の芝生上にハルジョオンやシロツメクサがたくさん咲いていて、羽化したオオルリシジミが吸蜜する様子をよく見ることが出来た。かなり環境が整えられたと言う印象である。2014.05/Canon ...

クモマツマキチョウ:開翅ポーズ

前回の撮影で開翅画像が不完全燃焼だったので、クモツキ再トライ。最初は、上の方のポイントに行ってみたが、スミレが咲き始めたばかりで花は少なめ。♂♀1頭ずつを見かけたが、少し時期が早い印象である。次に、前回のポイント近くに移動。こちらでは、♂2頭が舞っていた。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lクモマツマキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科背の低いスミレでは、なかなか綺麗な開翅ポーズが撮れないの...

クロツバメシジミ:翅裏と翅表

自宅から最も近いクロツバメシジミの生息地。この場所を知ってから3年目となるが、環境に大きな変化はなく、今年も無事に第1化の発生が始まった。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lクロツバメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科緑の草がたくさん生えているのであるが、保護色に近い色をした物の上にとまることが多い。花にとまっての開翅このチョウの開翅ポーズは大抵が石の上なので、花の上と言うのはちょっと珍...

クモマツマキチョウ:♂2頭、♀1頭

時期が少し早いかなと思いつつ、昨年と同じポイントへと出かけてみた。期待はあまりしていなかったのだが、♂2頭、♀1頭に出会うことが出来て、恵まれた撮影日となった。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lクモマツマキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科最初に出会った♂は、右前翅に若干の欠損部分があった。背景に水滴の輝きが入ってくれたのだが、下部が草の陰に隠れてしまったのが悔しい。♀は、ミヤマハタザオでの...

ヒメギフチョウ:カタクリ吸蜜

久しぶりの休日と言うことで、ギフチョウとヒメギフチョウの混生地へと出かけてみた。ギフチョウは、証拠写真で終わってしまったが、ヒメギフチョウは、かろうじてカタクリでの吸蜜シーンを撮影。けれど、自分のイメージしている構図には、まだまだほど遠い。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lヒメギフチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科いつも使用しているフォーサーズ用のシグマ150mmマクロが入院中のため、代替...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。