翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Category [ジョウザンミドリシジミ ] 記事一覧

スポンサーサイト

ジョウザンミドリシジミ:捉えることのできた青色の輝き

ジョウザンミドリシジミらしさの感じられる青色の輝きを得ることのできたインターバル撮影での画像。2016.07/OLYMPUS OM-D E-M1 ED50mm Macroジョウザンミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixelミズナラの葉の上で新鮮個体の翅全開画像。翅4枚とも輝いてくれた。こちらは反対向きで翅全開Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lにて下草にとまってくれやすいポイントを新しく見付けた。だが、この時は日差し...

ジョウザンミドリシジミ:翅裏の赤斑は個体差が大きい?

早朝から数か所を回ってジョウザンミドリシジミの撮影。以下は、同じ場所で撮影した異なる3個体の翅裏。それぞれが個性的で、私にはもうなんだか分からない。ここでは、広い範囲にジョウザンミドリシジミが舞っていて、全部で7頭近くいたのではないだろうか。2016.07/Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lジョウザンミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x533pixel中央の赤斑は、内側に少しだけでオオミドリシジ...

ジョウザンミドリシジミ:インターバル撮影再試行

前回よりも標高を上げて、メインでジョウザンミドリシジミを求めての撮影。レンズを50ミリマクロに付け替えてインターバル撮影を再試行。2016.07/OLYMPUS OM-D E-M1 ED50mm Macroジョウザンミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科いつもは1点のみでピントを合わせているけれど、フォーカス9点を使用してのインターバル撮影を試みた。背面液晶をアップして、ライブビューで画面を眺めながら構図を探っていく。魚眼レン...

ジョウザンミドリシジミ:魚眼レンズでインターバル撮影

時期的にちょうど良いと思って、メスアカミドリシジミの新しいポイントを見付ける目的で今までと違う場所へと分け入ってみた。ここでは、数年前に無印ミドリシジミとアカシジミに出会ったことがある。林縁部にはミズナラが多くあり、近くを流れる用水路周辺には桜の木がところどころに生えている。きっと他にもゼフィルスが生息しているに違いないと考えていた。2016.06/OLYMPUS OM-D E-M1 ED 8mm Fisheye+EC-14ジョウザンミドリシ...

ジョウザンミドリシジミ:天気良好でV字開翅

久しぶりとなった晴れの休日であるが、台風の余波で風が強い・・・。今回は、撮影ポイントの標高を一気に上げて、新鮮個体のジョウザンを狙う。しかし、多少早かったらしく、2頭のみで卍巴飛翔が行われるばかりで、やや物足りない発生数であった。2015.07/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroジョウザンミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科気温が高く翅全開の回数が少ない。撮影チャンスはあったのだが、近付いてい...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。