翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Category [ヒメシジミ ] 記事一覧

スポンサーサイト

ヒメシジミ:何気ない道端で

ヒメシジミは準絶滅危惧種であるが、梅雨の時期の信州では生息地に行くと大量に発生している光景を見ることができる。脇道に入って田んぼ沿いで車を止めて草むらに近づきさえすれば、容易にこの美しいシジミチョウに出会えるのはとてもありがたいことである。だからこそ、その何気ない姿を精一杯美しく捉えようと思ってみたりする。2016.06/Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lヒメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科♀はハ...

ヒメシジミ:翅表の見える交尾

たくさんのヒメシジミが舞うフィールドへと出かけてみた。そして、いくつかの交尾シーンに出会うことができた。2015.06/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroヒメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科オスの青い翅表が見える瞬間を慎重に狙っての撮影。人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

ヒメシジミ:梅雨入りの交尾個体

梅雨模様の中、ヒメシジミが発生し始めた。草むらの中に新鮮個体同士のカップルを見付けた。空中にふわりと浮かぶような構図にて。2014.06/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lヒメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

ヒメシジミ♀:3頭寄れば

かしましい。2013.06/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macroヒメシジミ・♀/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ああ、とてつもなく近寄りがたい。(笑)♂はと言えば、1頭のみでシダの上何てことはちっとも無く、♀にちょっかいを出そうとする♂は、相変わらずたくさんいるのである。けれど、交尾シーンは前回撮影に来たときよりも少なく、また、擦れた個体も多くなってきた。この地域でのヒメシジミ発生のピークは、過ぎてしまった印象であ...

ヒメシジミ:水玉アーチ上の交尾

この日はどこへ行っても数多くのヒメシジミ。交尾シーンにも何度かお目にかかることが出来た。2013.06/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macroヒメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixel人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。