翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Category [■シジミチョウ科 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ウラナミシジミ:クズの葉の上での交尾

クズの繁茂する草むらでそれを食草とするウラナミシジミがたくさん舞っている。信州では秋の訪れを感じさせるチョウである。2016.09/Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lウラナミシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

クロツバメシジミ:ニラの花で吸蜜

8月の後半になると河川敷でニラの白い花が咲き始める。2016.08/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroクロツバメシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科この花はチョウに人気があって、クロツバメシジミも吸蜜に訪れていた。クロツバメシジミが食草とするツメレンゲ本当は成長したツメレンゲとの組み合わせで撮影するつもりだったのだが、撮影者の意図通りにはとまってくれない。この食草にとまった写真は4年ほど前に撮ったき...

ウラキンシジミ:北アルプスの登山道にて

ここは、かつて2泊3日のテント泊で3,000m超えのピークを目指して歩いたことのある場所。今は、膝痛が悪化してしまって、登山行為は控えるようになっている。久しぶりの懐かしい光景。一番の目的は、オオゴマシジミの撮影だったのだが、このチョウにはどうにも縁がない。2016.08/OLYMPUS OM-D E-M1 ED12-60mmSWDまた、あの彼方を歩いてみたいものである(800x600pixel)ウラキンシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科OLYMPUS OM...

ジョウザンミドリシジミ:捉えることのできた青色の輝き

ジョウザンミドリシジミらしさの感じられる青色の輝きを得ることのできたインターバル撮影での画像。2016.07/OLYMPUS OM-D E-M1 ED50mm Macroジョウザンミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixelミズナラの葉の上で新鮮個体の翅全開画像。翅4枚とも輝いてくれた。こちらは反対向きで翅全開Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lにて下草にとまってくれやすいポイントを新しく見付けた。だが、この時は日差し...

アイノミドリシジミ:ジョウザン探しの先には

ジョウザンミドリシジミの新ポイントを見付けようとして、ゼフィルス撮影では出かけていなかった場所を回ってみた。目星を付けておいた個所をいくつか巡り歩いてみたら、とある沢筋でゼフィルスの卍巴飛翔の光景に出会った。2016.07/OLYMPUS OM-D E-M1 ED50mm Macroアイノミドリシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科:800x600pixel撮影してみたら、翅裏がジョウザンミドリシジミよりもかなり褐色で、異なるゼフィルスであるこ...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。