翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Category [■シロチョウ科 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ヒメシロチョウ:仲良く吸水

ヒメシロチョウの生息地を再訪。2016.06/Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lヒメシロチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科:800x533pixel両肘と両膝を地面に付けての撮影。こういうアングルの撮影ではE-5のバリアングル背面液晶は便利だったなあ。フウロソウでの吸蜜花は、霧ヶ峰などで見かけるハクサンフウロとは花弁の模様が少し異なっているように見える。山渓ハンディ図鑑の「山に咲く花」で調べてみたけれど、同定出来な...

ヒメシロチョウ:夕方の逆光の中で

アサマシジミの撮影後に平地ゼフを見付けようとして、いろいろな場所の林縁部を探索して回っていた。そして、ヒメシロチョウのポイントと聞いていた場所を通りかかってみると・・・。夕方の傾いた日差しに照らされて5頭ほどのヒメシロチョウ(夏型)がアザミやハルジオンで吸蜜しながら、ひらひら、ゆらゆらと優雅に舞う姿が目に入ってきた。何だこの妖しげな美しい光景は。2016.06/Canon EOS 7Dmk2 EF100mm MACRO F2.8Lヒメシロ...

クモマツマキチョウ:雌雄1頭ずつ

かなり遅ればせながら、この時期になってやっと今年最初のチョウ撮影。イエローとホワイトが複数飛び交う光景を目の前にしながらも、撮影に赴いての気力50パーセント。(汗) そんな状態なので、写真の出来も50点といったところか。(滝汗)2016.05/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroクモマツマキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科何とか背景をすっきりと抜くことができた1枚。シンプル過ぎて、却って物足らなさが...

モンキチョウ:飛翔写真にトライ

河川沿いの土手でたくさんのモンキチョウが飛び交っていた。撮影を試みるが、なかなかとまってくれないので、飛翔写真を撮ってみることにした。標準ズームを持参していなかったので、望遠マクロにて無理矢理の撮影。2014.11/OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroモンキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科横撮りを縦にトリミング今年は機会を見付けて飛翔写真を撮ってみる予定にしていたが、チョウの撮影に費やす時間をあまり...

クモマツマキチョウ:開翅ポーズ

前回の撮影で開翅画像が不完全燃焼だったので、クモツキ再トライ。最初は、上の方のポイントに行ってみたが、スミレが咲き始めたばかりで花は少なめ。♂♀1頭ずつを見かけたが、少し時期が早い印象である。次に、前回のポイント近くに移動。こちらでは、♂2頭が舞っていた。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lクモマツマキチョウ/チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科背の低いスミレでは、なかなか綺麗な開翅ポーズが撮れないの...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。