翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Category [■アゲハチョウ科 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ウスバシロチョウ:午後3時の吸蜜タイム

このチョウは、日中にはひらひらと飛び回ってばかりで、なかなか撮影チャンスを与えてくれない。午後3時を回った吸蜜シーンが多くなる時を待っての撮影。2014.06/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lウスバシロチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科このチョウの翅は逆光に透かせば雰囲気が出るだろうと思って撮影を試みたが、良い角度での吸蜜チャンスが巡ってこなかった。この画像も翅の手前側に光が当たっていて、イメージし...

ヒメギフチョウ:カタクリ吸蜜

久しぶりの休日と言うことで、ギフチョウとヒメギフチョウの混生地へと出かけてみた。ギフチョウは、証拠写真で終わってしまったが、ヒメギフチョウは、かろうじてカタクリでの吸蜜シーンを撮影。けれど、自分のイメージしている構図には、まだまだほど遠い。2014.05/Canon EOS 7D EF100mm MACRO F2.8Lヒメギフチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科いつも使用しているフォーサーズ用のシグマ150mmマクロが入院中のため、代替...

ウスバシロチョウ:田園脇の花園にて

ハルジオン、オドリコソウ、ハルザキヤマガラシ、ドウダンツツジなど、様々な花が咲く田園脇で10頭以上のウスバシロチョウが舞っていた。2013.05/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macroウスバシロチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科:800x600pixelハルジオンの花に囲まれての吸蜜シーン。このチョウくらいの大きさになると50ミリと150ミリのどちらのマクロレンズで撮影しようかと迷うのだけれど、今回は背景のボケ味をイメ...

ギフチョウ:ファーストショット

ようやく今年初トライとなったギフチョウの撮影。2013.05/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macroギフチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科撮影地は、ギフチョウとヒメギフチョウが混生する地域。駐車場に車を停めて、近くの林へと向かうとヒメギフチョウ2頭が舞っている。そこへ3頭目が舞い降りてスミレで吸蜜を始めた。そっと近づいてシャッターを押すと、それはギフチョウの方だった。手前に葉が被っていたり、そのため自身のし...

ヒメギフチョウ:翅裏

天候不順で気温の上がらない一日。出会えたヒメギフチョウは、じっとして動かないこの1頭のみであった。2013.04/OLYMPUS E-5 SIGMA 150mm Macroヒメギフチョウ/チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科:800x600pixel人気blogランキングに参加中・ポチッと→...

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。