翅にアルプスの風を

信州に生息するチョウの写真をメインとしたブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラキンシジミ:北アルプスの登山道にて

ここは、かつて2泊3日のテント泊で3,000m超えのピークを目指して歩いたことのある場所。今は、膝痛が悪化してしまって、登山行為は控えるようになっている。久しぶりの懐かしい光景。一番の目的は、オオゴマシジミの撮影だったのだが、このチョウにはどうにも縁がない。

2016.08/OLYMPUS OM-D E-M1 ED12-60mmSWD

ウラキンシジミ:北アルプスの登山道にて
また、あの彼方を歩いてみたいものである(800x600pixel)

ウラキンシジミ:北アルプスの登山道にて
ウラキンシジミ/チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科
OLYMPUS OM-D E-M1 SIGMA 150mm Macroにて

本日の収穫は、初めて出会うことのできたウラキンシジミのみであった。かろうじて、登山道上での吸水シーンを撮影することが出来た。

肝心のオオゴマシジミはと言うと、ほとんど見かけることがない。ポイントでは、残念なことに網屋のカップル。遠巻きに見かけた唯一と言ってよいオオゴマシジミは、彼らの手にした網の中へと吸い込まれて行ってしまった。連れ合いの女性が、ルリシジミを捕まえて男性を呼んでいる。女性は、単なる付き合いでの全くの素人か?巻き添えを喰らったルリシジミは気の毒である。

今日が、週明けの月曜日と言うことで、出かける前から嫌な予感はしていたのだが、それが的中してしまった。一体、7月最後の週末にどれほどの数のオオゴマシジミが、採集者の持つ網の中に捉えられてしまったことだろう。悲しいことである。

人気blogランキングに参加中・ポチッと→ にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

オオゴマ狙いでしたか?。
安房峠で撮影出来ましたよ。
平日。誰もポイントにいません。
以前のポイントの奥は、崩落していて下見にした時には無かった柵が奥にまで。
網屋さんは、乗り越えていきますから。この位しないと駄目かも。
カメラの方も乗り越えて奥に行ってます。
安房峠で久しぶりに撮影出来てまだ棲息しているとホッとしました。
ウラキンは、原村に沢山いると聞いてます。
ヤマキを撮影したいのにポイントがはっきりしないです。ご存知なら教えてください。
暑い日が続きます熱中症に気をつけて撮影頑張って下さいね。
  • posted by ka-ko 
  • URL 
  • 2016.08/02 21:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

>ka-koさん
オオゴマの撮影が出来たみたいで、良かったですね。私の方はもう少し登山道を進む必要があったかなと思いますが、採集者とバッティングしてしまいましたし、早めの撤収としました。
そちらのポイントは帰りがけに立ち寄りましたが、その時には土砂降りの雨でした。まあ、あの柵の奥に行くのは、ちょっと遠慮しておきます。
ウラキンは、たくさんいる場所があるのですね。いつかトライしてみたいですね。
ヤマキのポイントは、お役に立てるかわかりませんが、メッセージを送りますね。
チョウの撮影は徐々に終盤に向かいますが、体調管理には気を付けつつ撮影を楽しみましょう。
  • posted by Amami 
  • URL 
  • 2016.08/02 22:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Amami

Author:Amami
FC2ブログへようこそ!

人気blogランキング

最新記事

カテゴリ

Tree-LINK

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。